前へ
次へ

神経系の肩こりなども考えられる

肩こりはストレスと関係をしているのですが、最終的に神経障害や精神障害になりかねないと言われています。神経学的障害は中枢神経系の機能障害や破壊になり、例えば脳の損傷により記憶喪失が起こることも考えられます。また肩こりが簡単に考えられていると、実はパーキンソン病などの重大な病気を引き起こされる原因にもなりかねません。たいていは特定できる身体的原因があるので、それに対処する術を考えておくことで十分に応援することは可能です。主に運動障害がある場合では特に痛みや偏頭痛など身体的な問題として現れることもあるので、無理はいけませんが肩こりが運動不足から来ている事は分かっています。日常生活においても腕を使わないことはありませんし、使っている頻度によって違いがあることもわかります。ストレス解消することで肩こりがなくなることを考えると、いかに日常生活においてストレスを溜めないようにするかが重要なポイントです。

Page Top